ビジネスライセンス(事業所ライセンス)申請方法

ビジネスライセンス(事業所ライセンス)申請方法

通常、マレーシアで法人設立した後、最初に取得すべきライセンスはビジネスライセンスです。(事業所ライセンスもしくは営業ライセンスと呼ばれることもあります)

ビジネスライセンスはその場所がビジネスを行うにふさわしいという認定をもらうことを意味していますので、事業の場所が決まっていない段階では取得することはできません。事務所、店舗、工場などの場所が決まった後で、事業所の所在地の自治体に申請することで取得することができます。

申請方法

事業所ライセンスを取得する会社で自ら申請することも、外部のコンサルタントに依頼して申請することも可能です。申請用紙はマレー語なので、マレー語ができる担当者が行うことになります。

外部のコンサルタントに依頼した場合の費用は:RM2,500~RM3,000が目安です。看板を建物と外側に抱える場合は別途認可が必要となりますので、その場合は追加費用がかかることになります。

ビジネスライセンスの申請時には各種会社フォームや建物の入り口や受付の写真、お店の看板、賃貸契約書などを添付して申請します。自治体によって申請内容が異なる場合があります。建築物の使用許可の有無と有効性の確認、消防による非常口や非常階段などの確認が行われます。
 

ビジネスライセンスを取得するまでの期間

申請からライセンスの取得までの期間は、その申請時期や自治体によって差があります。
参考までに2019年12月にPetaling Jaya市で申請した場合は約1か月で取得することができました。
 

ビジネスライセンスの有効期間

有効期間は通常1年間です。1年ごとに更新が必要となります。
例えばPetaling Jaya市の場合、ビジネスライセンスの有効期間は年ごと(1月ー12月)となりますので、10月に取得した場合もすぐに更新時期が来ることになります。

ライセンスの取得後

ビジネスライセンスの取得が完了するとライセンスの証書とステッカーが発行されます。ステッカーは外から見えるようにオフィスや店舗の入り口で張っておくことになります。

 
 

関連情報

市場調査・レポートを無料でダウンロード

CONNECTIONでは、マレーシアの事業成長に役立つ各種市場調査、マーケットデータ、発表資料などを無料で提供しています。メンバー登録のうえご利用ください。  

 

本記事はTK International Sdn Bhdがマレーシア現地の取材で得た情報をもとに作成しています。
当サイトのコンテンツや記事において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、記載内容について必ずしも正確性を保証するものではありません。無断転載は禁止いたします。 

 

マレーシア進出についてのお問い合わせ

専門家によるサポート

アカウント登録について

マレーシアで人脈作り
資料ダウンロード
メルマガ配信

掲載社数:691
(2020年10月20日時点)

 
 
マレーシアのコンサルタントをご紹介
マレーシアでのビジネスに精通した専門家をご紹介いたします。
 

マレーシア進出コンサルティング
 
マレーシアでデジタルマーケティングを展開
ウェブサイト制作、デジタルマーケティングやインフルエンサーマーケティングなど最新のアプローチで貴社製品やサービスの販売をご支援いたします。
  当社サービスページへ
   
運営会社

『CONNECTION』は
TK International Sdn BhdMtownがマレーシアで共同運営するコミュニティサイトです。


ビジネスコンサルティング、企業向けクラウドサービス販売、デジタルマーケティングによるプロモーションなど、多様なニーズにお応えしています。お気軽にお問い合わせください。