マレーシア市場調査詳細

インバウンド需要の回復は2022年以降に ~「COVID-19発生後の旅行動向と訪日旅行の潜在需要」

COVID-19発生後の旅行動向と訪日旅行の潜在需要

TKインターナショナルでは、「COVID-19発生後の旅行動向と訪日旅行の潜在需要」について簡易Web市場調査を実施しました(期間:2020年5月1日~21日、有効回答数:103件)。

COVID-19収束後の訪日旅行希望者は国内旅行希望者とほぼ同数の結果となりました。
一方で、現在の訪日旅行は76.7%がリスクを伴うと見ており、2021年以内に訪日が可能となる見方は3.9%に留まりました。感染者数の減少だけでなく、自身のワクチン接種が完了することや、入国規制が緩和されることも、意思決定の要因として挙げられました。

訪日旅行を検討する指標としては、
・ 日本とマレーシアの両方またはいずれか一方の感染者数が減少すること(82.5%)
・ 自身がワクチン接種を完了すること(79.6%)
・ 日本とマレーシアの両方またはいずれか一方の隔離措置が解除されること(68.9%)
が上位を占める結果となっています。

2013年に観光ビザ要件の緩和以降、訪日マレーシア人観光客数は年々右肩上がりに上昇してきていますが(出典:日本政府観光局国籍/月別 訪日外客数)、今後のインバウンド回復は2022年以降となりそうです。
 
  

本記事はTK International Sdn Bhdがマレーシア現地の取材で得た情報をもとに作成しています。
当サイトのコンテンツや記事において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、記載内容について必ずしも正確性を保証するものではありません。無断転載は禁止いたします。 
   
インバウンド需要の回復は2022年以降に ~「COVID-19発生後の旅行動向と訪日旅行の潜在需要」

マレーシア進出についてのお問い合わせ

メンバー登録について

『CONNECTION』は、マレーシア進出企業のためのビジネス交流サイトです。こちらからご参加ください。
  • ビジネスニュース配信
  • 市場調査レポート配信
  • メルマガ配信
  • ウェビナー開催
  • 専門家をご紹介
日系企業リスト掲載数:732
調査レポート掲載数:96
(2021年8月3日時点)
 
 

マレーシア進出について、
無料相談はこちら。

マレーシアでビジネスに精通した専門家をご紹介いたします。
掲載数:50
 

多言語ホームページ制作

海外販促のための基本パッケージをご提供いたします。
マレーシアで作成したホームページの実績を公開中!!

  当社サービスページへ
   

サイト運営会社


『CONNECTION』は
TK International Sdn BhdMtownがマレーシアで共同運営しています。


当社サイトやデジタルマーケティングに関することは、TK International Sdn Bhdまでお問い合わせください。