マレーシア市場調査詳細

マレーシアのインフレ率 2021年の状況

2021年初頭から中旬にかけてMCO(Movement Control Order)2.0と3.0が実施されたことにより、インフレ率は2020年のマイナス1.2%に対し、2.5%と大幅に上昇した。

昨年はベース効果が低かったため、運輸グループを中心に大幅な上昇を記録したほか、物価の価格上昇もあり、インフレ率は2021年4月に4.7%と最高水準まで上昇した。その他、鶏肉価格が2020年平均価格を上回っているのは、動物用飼料の価格上昇に起因するものである。これは、世界的な原料相場の上昇に伴うものである。

2021年末に北東モンスーンの影響で半島マレーシアのいくつかの州で洪水や地滑りが発生したため、特に野菜や魚介類の食料価格が上昇した。また、パーム油価格の上昇に伴う食用油価格の上昇や、2021年末の労働力不足と天候不順による野菜価格の上昇も、ヘッドラインインフレ率の上昇に拍車をかけている。さらに、PEMULIHの下で3ヶ月間実施され、2021年9月に終了した国内消費者への毎月の電気料金割引の廃止も2021年の国のインフレ率に上昇圧力をかけた。

州間旅行禁止令は解除され、2021年10月11日からすべての経済部門が再開された。これは、流通・小売部門を中心とした同国の景気回復に貢献した。2021年11月、インフレ率は3.3%の上昇を示した。食品・飲料グループが2.7%と顕著で、すべてのサブグループが0.7%から9.3%の間で上昇を記録した。野菜価格の上昇は、天候、肥料コストの上昇、生産に影響を与えるビジネス戦略の変更など、いくつかの要因によるものです。

2021年12月のヘッドラインインフレ率の上昇(3.2%)は、主に輸送グループ(9.5%)、住宅・水道・電気・ガス・その他燃料(3.4%)、食品・飲料(3.2%)、家具・家庭用品・日常の家事メンテナンス(2.7%)、レストラン・ホテル(1.3%)の上昇によってもたらされたものであった。
マレーシアのインフレ率 2021年の状況

マレーシア進出、市場調査などについてのお問い合わせ

市場調査を依頼

マレーシアの市場調査を依頼する

マレーシアに密着したTK International Sdn Bhdの現地コンサルタントにマレーシアの市場調査を依頼することができます。
 

マレーシアの市場調査 

メンバー登録について

情報提供サービス

メンバー(登録無料)がご利用いただけるサービスです。
 
  • ビジネスニュース配信
  • 市場調査レポート配信
  • メルマガ配信
  • ウェビナー開催
  • 専門家をご紹介

 
 

営業代行サービス

マレーシアで新規顧客、キーマンへのアプローチをサポートいたします。
営業代行サービス
 

事業サポートサービス

マレーシアの事業を推進するための専門的なサービスをご提供いたします。
 
 

日系企業データベース

マレーシア日系企業の情報を検索できる日系企業データベース
企業データベースへの登録および更新は企業リスト入力フォームからご依頼ください。
 

マレーシア進出 はじめの一歩ガイドブック

マレーシアに進出される企業向けのガイドブック(15ページ構成)
今すぐPDFファイルをダウンロード

   

サイト運営会社

『CONNECTION』は
TK International Sdn BhdとMtownが共同で運営しています。

TKインターナショナルはマレーシアを拠点として、 貴社の海外事業の成長をサポートする戦略パートナーです。

  • ビジネスコンサルティング
  • デジタルマーケティング
  • クラウドサービス
  • IoTエンジニアリング
  • ソフトウェア開発
  • インサイドセールス

マレーシア進出やIT導入のご相談はこちらまでお問い合わせください。