マレーシア市場調査詳細

マレーシア政府、デジタル産業の成長を促進する国家政策「MyDIGITAL」を発表

マレーシアのムヒディン首相は2021年2月19日、MyDIGITALイニシアチブを正式に開始しました。「マレーシアをデジタル主導による高所得国、かつリーダー国に進化させる」という政府の計画の一環です。

この計画を通じて、2025年までに、デジタル経済は国のGDPに22.6%貢献することを見込み、同時に、デジタル経済に50万人の雇用機会を開くことも目指しています。

ムヒディン首相はオンラインの式典を開催して、次のように述べています。MyDIGITALイニシアチブは、マレーシアの全土に渡り、マレーシア人の生活をあらゆる面で改善する力を与えることを目的としています。それらの中で、デジタルリテラシーを向上させ、高収入の仕事を創出し、銀行および金融ビジネスをより簡単に組織化する、子供たちにオンライン教育アクセスを提供し、遠隔地の町に医療施設を持ち込むためのアイデアと計画が含まれています。

「これは、業務の円滑性と効率性を強化することにより、ビジネスセクターがグローバルステージで競争できるようにすることができるデジタルトランスフォーメーションの方向性計画でもあります。」 このイニシアチブは、第12回マレーシア計画やShared Prosperity Vision 2030 [Wawasan Kemakmuran Bersama(WKB)2030]などのマレーシアの国家開発政策を補完するものであり、マレーシアデジタル経済のブループリントが含まれています。


2030年までの実装の3つのフェーズにわたるイニシアチブとターゲットの組み合わせを示しています。
 
  • フェーズ1は2021年から2022年に始まり、デジタル採用の基盤を強化します。
  • フェーズ2は、2023年から2025年までをカバーする、包括的なデジタル変革を推進します。
  • フェーズ3は、2026年から2030年までをカバーし、マレーシアを地域市場でデジタルコンテンツと サイバーセキュリティのリーダーにします。


いくつかのハイライトは次のとおりです。
 
  • 2025年までに、デジタル経済は国のGDPに22.6%貢献することを見込んでいます。同時に、この計画はデジタル経済に50万人の雇用機会を開くことも目指しています。
  • 一方、政府はまた、875,000の中小企業が電子商取引の使用を受け入れることを奨励します。
  • さらに、MyDIGITALの後援によるこれらのイニシアチブは、今後5年間で5,000の新興企業または新興企業を促進することもできます。
  • MyDIGITALは、国内および国外からRM700億のデジタルセクターへの新規投資を誘致するための出発点にもなります。
  • 次に、政府は2030年までに、経済部門の生産性のレベルを現在と比較して30%向上させることを目標としています。
  • 公共部門については、すべての機関が2022年までに主な選択肢としてキャッシュレス取引施設を提供する予定です。
 

ムヒディン首相はスピーチの中で、以下に詳述する3つのフレーズすべてにわたって注意すべき重要なポイントを述べています。イノベーションを加速し、効果的なデジタルエコシステムを構築するために、首相は、MyDIGITALの下で4つの重要なタイプのデジタルインフラストラクチャを最初に構築する必要があると述べました。この取り組みは、民間部門の資本と技術に貢献することを共有する「政府と民間のパートナーシップアプローチ」を通じて行われます。

まず、既存の協力関係を強化するために、National Digital Network(JENDELA)プロジェクトを通じて合計RM210億が5年間にわたって投資されます。この固定回線光ファイバーネットワークは、2022年末までに750万の施設から、2025年末までに900万の施設まで、段階的に人口のほぼ100%をカバーします。このより広範な光ファイバーネットワークに基づいて、国はより良くなります。近い将来、5Gネットワークに切り替える準備をしました。

第二に、2023年まで国際ケーブルネットワークへの接続を強化するために、合計16億5000万リンギットがいくつかの電気通信会社によって投資されます。これにより、より高速で安定した国際データ転送への扉が開かれ、マレーシアの消費者のインターネットコストが削減されます。

第三に、全国で5Gを導入するために、10年間で合計150億リンギが投資されます。これにより、約105,000人の雇用機会が生まれます。この取り組みは、マレーシア政府の下で特別目的事業体または「特別目的事業体」を通じて実施されます。この企業には、5Gインフラストラクチャを所有、実装、および管理するための適切なスペクトルが与えられます。
ムヒディン首相は次のように述べています。「今年の終わりまでに、5Gテクノロジーは段階的に人々に楽しんでいただけるようになります。これにより、マレーシアは、インターネットとクラウドサービスを使用して5Gエコシステムを構築した地域で最初の国の1つになります。リアルタイムまたはリアルタイムで、情報を即座に共有できるようにします。

「想像してみてください。この5Gテクノロジーは、人々の幸福に直接影響を与えるよりスマートなサービスが存在するため、ゲームチェンジャーです。これは、5Gがより高速なインターネットアクセスを約束するだけでなく、さらに重要なことに、さまざまな重要なアプリケーションを可能にするためです。慢性患者向けの健康監視アプリケーション、スマートな緊急支援、一人暮らしの高齢者向けの特別なアプリケーションなど、ユーザーの手に渡ることができます。」

第4に、RM120億からRM150億の間は、今後5年間でクラウドサービスプロバイダー(CSP)企業によって投資されます。政府はこれまで、マイクロソフト、グーグル、アマゾン、テレコムマレーシアの4つのCSP企業にハイパースケールデータセンターとクラウドサービスの構築と管理を条件付きで許可しています。これらのデータ集約型データセンターとハイブリッドクラウドサービスも、データストレージスペースを増やし、運用コストを削減し、分析効率を向上させるために作成されます。

さらに、政府は、地元企業の能力を強化したいという要望に沿って、3つの地元ICT企業をマネージドサービスプロバイダー(MSP)として任命し、これらのCSPと協力して公共部門機関のCSPサービスを管理することも提案しています。これらは、Enfrasys Consulting、Prestariang Systems、およびCloudConnectです。

公共部門のクラウドコンピューティングサービスを強化する手段として、政府はCloud First戦略を通じて、2022年末までにパブリックデータの80%をこのハイブリッドクラウドシステムに移行することを目標としています。データの収集と管理をさらに強化することに加えて効果的かつスムーズに、この戦略は長期的に情報技術管理における政府のコストを削減することができます。クラウドサービスにより、ビッグデータ、AI、IoT、その他のアプリケーションを使用して政府サービスを強化することもできます。

これに続いて、ムヒディン首相は、このデジタルインフラストラクチャの構築が持続可能なデジタルエコシステムを形成するためのバックボーンになることを共有しました。このエコシステムは「持続可能な経済成長の主な原動力」です。

これに沿って、政府は次のようないくつかの方法でこの新しいエコシステムの強化を支援し続けます。

1. 市民のプライバシーを保護しながらデジタル使用をサポートする規制環境を促進する
2. 公的および私的組織が共同で利用できるように、公的データソースを管理する
3. 自動化とデジタル技術によって混乱する可能性のある産業の労働市場の進化を促進する

「したがって、政府に関与するデジタル企業がマレーシア人のデジタルスキルの向上を支援するために懸命に取り組むことを保証します。これらの企業は、とりわけ、地元の大学と協力して人工知能学部などを設立します。一般的に従業員のスキル向上プログラムを実施するために政府と協力しました。」

 
 
ムヒディン首相
MyDIGITALおよびマレーシアのDigital Economy Blueprint
の発表式典でのスピーチ
 
 

19 FEBRUARY 2021

1. まず、アッラー・サブハナフ・ワタアラに感謝の意を表します。彼の許可を得て、私たちはこの晴れた朝のMyDIGITALとマレーシアデジタルエコノミーブループリントの発表式典に一緒にいるからです。

2. デジタルウェーブはグローバルコミュニティに影響を与え続けており、これまで達成されたことのない規模に達し、世界中のほとんどのコミュニティのライフスタイルを完全に変えました。ちょうど5年前を振り返ると、さまざまな長期的な側面で見られる無限の変化がありました。私たちが互いに交流する方法、学ぶ方法、ビジネスを行う方法、さらには個人の健康状態を監視する方法の点でさえ、すべてが異なり、テクノロジーのタッチによって変化しました。人工知能(AI)、モノのインターネット(IOT)、ビッグデータ分析、ブロックチェーンなどの高度なテクノロジー。それらはすべて、世界経済のパターンと現代社会の生き方を変えました。

3. デジタル技術の役割は明らかです。特に、COVID-19の大流行が発生した後、1年前から、すべての国が通常どおりビジネスを継続するための困難で困難な課題に直面しています。テクノロジーが最高の時代に進歩するための便利なツールであり、最も困難な危機の際に生き残るための不可欠なツールであることは、これまでになく明確になっています。

4. デジタル技術の習得は、我が国が生産性の限界を克服し、それによってマレーシア経済を向上させるための鍵でもあります。革新的なテクノロジーとビジネスモデルから生まれる機会をつかむ能力は、国の経済成長の新しいエンジンを推進する上で重要な役割を果たします。

5. MyDIGITALイニシアチブは、ペルリスからサバまで、すべてのマレーシア人があらゆる面で生活を改善できるようにすることを目的としています。とりわけ、デジタルリテラシーを向上させ、高収入の雇用を創出し、銀行および金融ビジネスをより簡単かつ組織的にし、子供たちに仮想教育アクセスを提供し、遠隔地の町に医療施設をもたらすためのアイデアと計画が含まれています。

6. また、業務の便宜性と効率性を高めることにより、ビジネスセクターをグローバルな舞台で競争させることができるデジタル変革の方向性計画としても機能します。

7. 思いやりのある対応力のある政府として、本日、マレーシアのデジタル経済のブループリントを含むMyDIGITALイニシアチブを発表したいと思います。このイニシアチブは、第12回マレーシア計画(12-MP)や共有繁栄のビジョン2030(WKB 2030)などの国家開発政策を補完するものです。

8. MyDIGITALは、2030年までの実装の3つのフェーズにわたるイニシアチブと目標の組み合わせを設定します。


i)2025年までに、デジタル経済は国の国内総生産(GDP)に22.6%貢献すると予想されています。
ii)同時に、この計画は、デジタル経済において50万人の雇用機会を提供することも目的としています。
iii)政府はまた、875,000の中小企業が電子商取引の使用を受け入れることを奨励しています。
iv)さらに、MyDIGITALの後援によるこれらのイニシアチブは、5,000の新興企業が今後5年間で事業を開始するための触媒としても機能します。
v)これらのイニシアチブは、国内および国外から、デジタルセクターに700億リンギット相当の新規投資を誘致するための出発点となります。
vi)政府はまた、経済部門の生産性のレベルを2030年までに現在達成されているものよりも30パーセント高くすることを目標としています。
vii)公共部門については、すべての機関が2022年までに主な選択肢としてキャッシュレス取引施設を提供する予定です。


9. イノベーションを加速し、効果的なデジタルエコシステムを作成するには、MyDIGITALの下で4つの重要なタイプのデジタルインフラストラクチャを最初に構築する必要があります。開発努力は政府と民間部門によって共同で行われ、民間部門は資本と専門知識への貢献を共有します。

10. まず、既存の接続を強化するために、National Digital Network(JENDELA)プロジェクトを通じて、今後5年間で合計RM210億が投資されます。この固定回線光ファイバーネットワークは、2022年末までに750万の施設から、2025年末までに900万の施設まで、人口のほぼ100%の地域を段階的にカバーします。このより広い光ファイバーネットワークカバレッジに基づいて、この国は近い将来、第5世代セルラーネットワークテクノロジー(「5G」)に切り替える準備が整います。

11. 次に、2023年まで、国際海底ケーブルネットワークへの接続を強化するために、合計16億5,000万リンギットが複数の電気通信会社によって投資されます。これにより、より高速で安定した国際データ転送のためのスペースが開かれ、インターネットが低下します。

12. 第三に、全国で5Gを実施するために、10年間で合計150億リンギが投資されます。これにより、合計で約105,000の雇用機会が生まれます。この取り組みは、マレーシア政府特別目的事業体によって実施されます。このエンティティには、5Gインフラストラクチャを所有、実装、および管理するための適切なスペクトルが与えられます。

13. すべての認可された電気通信会社は、顧客に5Gサービスをマーケティングする際に、このインフラストラクチャに平等にアクセスできます。このインフラストラクチャのコスト共有により、電気通信会社はより高い収益を生み出し、その結果、より優れた安価な5Gサービスを消費者に提供できます。これにより、5Gの使用が促進され、より多くの製品とサービスの革新を引き起こす経済的能力が強化されます。

14. したがって、今年の終わりまでに、市民は5Gテクノロジーを段階的に楽しむことができるようになります。これにより、マレーシアは、5Gエコシステムを構築する、この地域で最初の国になります。インターネットとクラウドサービスをリアルタイムで使用して情報の即時共有を可能にする.

15. .想像してみてください–この5Gテクノロジーはゲームチェンジャーとして機能します。直接的な影響を与えるよりスマートなサービスが、人々の幸福のために利用できるようになります。この5Gテクノロジーは、より優れた高速インターネットアクセスを約束するだけでなく、さらに重要なことに、さまざまな重要なアプリケーションをエンドユーザーの手に委ねることができます。慢性患者向けの健康監視アプリケーション、スマートな緊急支援、および一人暮らしの高齢者向けの特別なアプリケーションが含まれます。

16. 第4に、今後5年間で120億リンギから150億リンギがクラウドサービスプロバイダー(CSP)企業によって投資されます。政府がこれまでに、マイクロソフト、グーグル、アマゾン、テレコムマレーシアの4つのCSP企業に条件付き承認を与えたことをお知らせします。 ハイパースケールのデータセンターとクラウドサービスを構築および管理します。このハイパースケールデータセンターとハイブリッドクラウドサービスは、データストレージスペースを増やすために作成されるため、運用コストが削減され、分析効率が向上します

17. さらに、政府は、3つの地元のICT企業をマネージドサービスプロバイダー(MSP)として任命することも提案しています。CSPと協力して、公共部門の機関へのサービスを管理します。これは、地元企業の能力を強化するという私たちの目標に沿ったものです。 3社はEnfrasys Solution Sdn Bhd、Prestariang Systems Sdn BhdとCloudConnectSdn Bhdです。

18. 公共部門でクラウドコンピューティングサービスを強化するための対策の一環として、政府はCloud First戦略を通じて、2022年末までにパブリックデータの80%をハイブリッドクラウドシステムに移行することを目標としています。さらに、より効果的でスムーズなデータ収集と管理のために、この戦略は、長期的には情報技術管理における政府のコストを削減するのにも役立ちます。これらすべてのクラウドサービスにより、ビッグデータ、AI、IoT、およびその他のアプリケーションを利用して、政府サービスを強化および強化できます。

19. このデジタルインフラストラクチャの構築は、持続可能なデジタルエコシステムのバックボーンを形成します。このエコシステムは、持続可能な経済に向けた成長の主要なエンジンとして機能します。政府は次のようないくつかの方法でこの新しいエコシステムの強化を支援し続けます。 1.市民のプライバシーを保護しながらデジタル使用をサポートする規制環境を促進すること。 2.公的および私的組織が共同で利用できるように、公的データソースを管理すること。 3.自動化とデジタル技術によって混乱する可能性のある産業の労働市場の進化を促進すること。

20. したがって、政府に関与するデジタル企業が、マレーシア人のデジタルスキルの向上を支援するために懸命に努力することを保証します。これらの企業は、とりわけ、地元の大学と協力して人工知能学部を設立し、政府と協力して従業員のスキル向上プログラムを実施します。

21. サイバーセキュリティとデータセキュリティは、デジタルテクノロジーの国のビジョンを実現する上での政府の主な焦点の1つです。公開データは、実施機関であるNational Cyber Security Agency(NACSA)を通じて政府が設定したセキュリティ基準に基づいて慎重に処理されます。ここで、政府は将来のサイバー脅威を回避するためにデータ管理システムのセキュリティを監視することに全力で取り組んでいることを保証したいと思います。

22. ここで強調したいのは、マレーシアのデジタルエコノミーブループリントによるMyDIGITALイニシアチブは、国全体のアプローチであるということです。将来のデジタルエコシステムに直面して、すべての利害関係者は、接続された国で発生するあらゆる課題に直面するために、できるだけ早く適応する必要があります。

23. 最後に、すべてのマレーシア人がこのデジタル技術を最大限に活用し、デジタル経済の達成に向けた移行のプロセスに大胆に立ち向かうことを願っています。公的部門と民間部門は明らかに異なる役割を果たしているかもしれませんが、私たちは一貫性と調和を維持しなければなりません。インフラストラクチャの形成、すべての規制の詳細、生態系の形成の促進を含む政策の枠組みが、このデジタルビジョンを実現するために必要な国の方向性を決定できると確信しています。

24. Bismillahirrahmanirrahimで、MyDIGITALイニシアチブとマレーシアデジタルエコノミーブループリントを開始します。
 
ありがとうございました。
 
  ※本内容はマレーシア政府の発表内容を仮訳したものです。政府の発表原文はこちらです。
 

MyDIGITALの概要資料ダウンロード

MyDIGITALの概要をまとめた資料はこちらからダウンロードしていただくことができます。
※資料をダウンロードするにはメンバー登録(無料)が必要です。  
マレーシア政府、デジタル産業の成長を促進する国家政策「MyDIGITAL」を発表

マレーシア進出についてのお問い合わせ

メンバー登録について

『CONNECTION』は、マレーシア進出企業のためのビジネス交流サイトです。
  • ビジネスニュース配信
  • 市場調査レポート配信
  • メルマガ配信
  • ウェビナー開催
  • 専門家をご紹介
日系企業リスト掲載数:732
調査レポート掲載数:88
(2021年4月12日時点)
 
 

マレーシア進出について、
無料相談はこちら。

マレーシアでビジネスに精通した専門家をご紹介いたします。
掲載数:49
 

多言語ホームページ制作

海外販促のための基本パッケージをご提供いたします。
マレーシアで作成したホームページの実績を公開中!!

  当社サービスページへ
   

サイト運営会社


『CONNECTION』は
TK International Sdn BhdMtownがマレーシアで共同運営しています。


当社サイトやデジタルマーケティングに関することは、TK International Sdn Bhdまでお問い合わせください。