マレーシア市場調査詳細

東南アジアで急成長するショッピー「Shopee」越境ECにも追い風

2020/07/09

マレーシアではオンラインの購入機会が急速に増加している

コロナ禍のなか、急速に拡大するEコマース市場

コロナ禍で多くの企業が収益予想を減らすなか、EコマースプラットフォームShopeeは急成長を遂げている。2020年6月30日、2020年第1四半期の売上高(調整後)、受注件数がいずれも前年同期比2.1倍に拡大したと発表した。

Shopeeマレーシアのマーケティングリーダーであるロック氏によると、このような急速な成長は、MaybankカードやVisaカードとのパートナーシップなど、戦略的パートナーシップによって、マレーシア人の買い物のニーズに応えていることが主な要因だと語っている。具体的には、今までeコマースを利用していないVisaカード所有者の8人に1人は、今年初めてオンラインで買い物を体験したと語り、カード保有者が順次、Shopeeのユーザーに移行していることを示した。

また、コロナ禍のなか、外出を控える生活習慣に変わったことが影響して、オンラインでの買い物体験が特別なものではなくなり、生活必需品もオンラインで購入する比率が増えたことを挙げている。VISAが行った調査レポートによると、マレーシア人の約80%は、オンライン支出の増加する傾向にあると回答、また、約60%が、実店舗に行くよりもオンラインショッピングの方が便利だと考えていると述べている。
 

2015年の創業以来、急成長するショッピー「Shopee」

Shopeeはシンガポール企業 Seaグループによって2015年にシンガポールで最初に立ち上げられた。2017年にはNASDAQ株式市場にて10億ドルでの上場を果たし、中国のテンセント(Tencent)社が同社株式の39.7%を所有している。その資金力を背景として、積極的に事業を展開する傾向が強まった。シンガポールの後、マレーシア、タイ、台湾、インドネシア、ベトナム、フィリピンへと事業を拡大した。

2018年のモール型ECサイトのマレーシアでのマーケットシェアは、ラザダ(Lazada)がデスクトップおよびモバイル経由で、マレーシアのみならず東南アジア各国で最も訪問者の多いeコマース企業としてトップの地位を堅持していた。一方、訪問者数第2位のショッピー(Shopee)は、ラザダのリードを地域レベルで66%まで追い上げたものの、追い抜くには至らなかった。

このトレンドは2019年に入っても続いたが、2019年第2四半期になると、ショッピーがこれまで首位だったラザダを初めてMAU(月間アクティブユーザー数)で追い抜いた。ショッピーがMAU首位を獲得できた理由は、エンターテイメントショーやポップカルチャーを特徴としたプログラムや動画配信サイトでのプロモーションなど、アプリでのユーザーインタラクションを増やすさまざまな戦略を採用したためとみられる。
 

2019年8月より、国際サッカースターのクリスティアーノ・ロナウドがブランドアンバサダーに就任。


2019年8月より、国際サッカースターのクリスティアーノ・ロナウドがブランドアンバサダーに就任。各国でCMおよびキャンペーンを同時展開して多くのファンを獲得した。ほかにも各国の有名人とパートナーシップを組むことやオフラインでのコマーシャルも積極的に展開している。ショッピーは大きな投資をして首位を獲得したことになる。

日本からの越境ECも積極的にサポート

マレーシアをはじめとする東南アジアでECサイトが活況となっている。ECサイトによるオンライン販売の市場拡大は日本からの越境ECを行うにあたっても追い風となる。

Shopeeは2019年に日本オフィスを設立し、日本語での出店サポートが可能となった。2020年7月時点で、日本からShopeeを通して越境ECが可能な国は、マレーシア、シンガポール、台湾、タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピンの7か国となっている。

Shopeeでの日本越境ECの特徴
  • 手数料無料:固定費と変動費は日本越境ECはともに無料
  • セラーセンターでウェブから店舗管理、API連携も可能
  • 送料リベート
  • 開店特典の提供
  • 多言語支援
  • 配送サポート
  • 他国で同時展開
  • 日本語が通じるスタッフがサポート

 
マレーシアで益々身近になったECサイトによるオンラインショッピング。それにともない急成長するShopeeのECプラットフォームは日々強化されている。日本からの越境ECを行うにあたっても有力なプラットフォームになることだろう。

関連情報  
本記事はTK International Sdn Bhdがマレーシア現地の取材で得た情報をもとに作成しています。
当サイトのコンテンツや記事において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、記載内容について必ずしも正確性を保証するものではありません。無断転載は禁止いたします。 
 

Shopeeへの出店方法はダウンロードしてご覧ください。 

東南アジアで急成長するショッピー「Shopee」越境ECにも追い風

マレーシア進出についてのお問い合わせ

マレーシア市場調査

アカウント登録について

マレーシアで人脈作り
資料ダウンロード
メルマガ配信

掲載社数:691
(2020年10月20日時点)

 
 
マレーシアのコンサルタントをご紹介
マレーシアでのビジネスに精通した専門家をご紹介いたします。
 

マレーシア進出コンサルティング
 
マレーシアでデジタルマーケティングを展開
ウェブサイト制作、デジタルマーケティングやインフルエンサーマーケティングなど最新のアプローチで貴社製品やサービスの販売をご支援いたします。
  当社サービスページへ
   
運営会社

『CONNECTION』は
TK International Sdn BhdMtownがマレーシアで共同運営するコミュニティサイトです。


ビジネスコンサルティング、企業向けクラウドサービス販売、デジタルマーケティングによるプロモーションなど、多様なニーズにお応えしています。お気軽にお問い合わせください。