業界レポート詳細

[これを読めばわかる] マレーシア食品産業レポートを簡単に解説

理想的な見通しと豊富な機会



マレーシアは現代にいたるまで様々な文化、民族の影響を受け成長してきました。その結果、この文化間の融合は豊かな多様性のある社会を創り出しました。マレーシアは青々と茂った熱帯地域有し、食物の研究や栽培、加工のための甘味や変化を加える天然資源が豊富です。このようにマレーシアは食品製造と食品加工の分野においてアジア諸国の中でも先進国なりつつあります。多様な文化を持つマレーシアは輸入・輸出の両方で食品産業の発展に貢献しています。

 

多様な資源

マレーシア全体の国土3300万ヘクタールの中で、農地は全体の17%を占める550万ヘクタールを有しています。 工業用農作物としてパーム油やゴム、ココア、タバコや紙等の原材料が栽培され、その他に稲や果物、野菜、ココナッツなどの農作物が栽培されています。加工用農作物の安定的な供給はマレーシアの長い植物成育期があるからこそできることです。こうしたマレーシアの強みを活かし、政府は農業を重要セクターの1つとし、農業製品の改善、増加を目指すため具体的な方策取っています。

加えて、特定のマーケット需要を満たすことができる食品産業を目指し原材料の免税輸入を行う等の進歩的な政策を適応する等農業分野に力を入れています。農業や海藻栽培、食用穴燕(中華の高級食材)、ハーブ製品、果物、野菜、今後の成長性が高い特別な加工食品に注力しています。農家の収入増加が見込まれるこれらの価値ある製品の需要は拡大しています。代わりに、米や畜産のサブセクターにおいては国家の食品安全保障を確実なものにしていかねばならない。 農業分野では年3.5%ずつ成長率が見込まれており、GDPの8.2%に貢献している。そしてこの中でもアグリフードの分野は年5.4%成長する予想である。この分野はR&Dのイノベーションと現代のイニシアティブによって高収入で継続的な産業になるでしょう。 マレーシアは加工食品における純輸出国となるために農業と食品加工産業を徐々に発展され改善してきています。

食品業界概要

食品加工セクターはマレーシアの製造業の約10%を占めています。2017年には、加工食品産業は約215億リンギットの市場規模を有し、200以上の国に輸出しています。一方で約207億リンギットもの加工食品を輸入しています。加工技術の発展によって現地の原材料の使用を広げ、製品の幅を増やし、食品産業界における投資を増大させました。

酪農・畜産:

鶏肉加工は食肉加工産業の60%を占めます。マレーシアは鶏肉の純輸出国にもかかわらず、肉製品全体で見ると純輸入国でもあります。特に牛肉と羊肉の輸入が多いです。鶏肉は加工食品を生産する上で重要な原材料です。日用製品の中には粉ミルクやコンデンスミルク、低温殺菌液体牛乳、アイスクリーム、ヨーグルト、その他の発酵乳製品などがあります。低温殺菌液体牛乳以外の製品のすべてが輸入製品に頼っています。


漁業:

2017年、漁業分野では200万トン、養殖業で40万トン以上の漁獲量を誇りました。輸出志向分野である水産加工ではクルマエビの加工や、冷凍製品、魚介類の缶詰め、魚のすり身製品の製造を行っています。マレーシアにおける魚介類の総輸入量は2017年には29億リンギットに上りました。

穀物製品:

ビスケットやパン、麺を含む穀物製品はマレーシアで発展してきました。穀物製品の分には輸入原材料に依存しているにも関わらず、マレーシアはこの分野において2017年には35億リンギットを得た純輸出国です。製品の範囲は飼料プレミックスからパン、ビスケット、スナック製品、野菜、冷凍ケーキ、パスタに及ぶまで幅広く取り扱っています。

チョコレート及び菓子製品:


マレーシアは世界で8番目のココア加工国です。マレーシアは90以上の国にチョコレートを含むココア製品を輸出している純輸出国です。2017年にはココア製剤は42億リンギットの価値を生み出しました。 紙製品 マレーシアの紙製品は2017年には3089万リンギットの市場規模を誇りました。香辛料や調味料等をブレンドした特別な紙や加工された製品といった高い付加価値を具備させた紙製品を主に生産しています。

果物・野菜:

様々な果物や野菜は国内外だけでなく、川下産業においても新鮮に消費されるために生産されている。果物類の川下産業は主にパイナップルの缶詰やパイナップジュースです。グアバやパッションフルーツ、ジャックフルーツ、バナナ等の他の果物についてもジュースやスナック、ピクルスや食品のジャムに加工されています。野菜の加工についてはソースやピクルスに加工されています。マレーシアが果物や野菜の加工輸入額は2017年に19億リンギットに上り、一方で輸出額は12億リンギットとなっています。果物や野菜の加工産業は輸入代替と輸出機会のための巨大な可能性を秘めています。

パーム油製品:

マレーシアは世界第二位のパーム油輸出国であり生産者である。マレーシアとインドネシアで世界のパーム油の84%の生産量を占め、89%の輸出量を占める。パーム油製品が生み出す利益は2017年に747億リンギットに達しました。パーム油の主な市場はインド、ヨーロッパ、中国、フィリピンとなっています。

主な輸出製品はRBDパームオイル、RBDオレイン、ステアリン、ココアパウダーの代用品やマーガリン、ショートニング、ギ―等の食用油脂です。健康に気を付ける消費者やベジタリアン需要からパーム油ベースの高価値の特別商品はより発展し続けると思われる。


需要拡大

マレーシアの人口は320万人に上り大きな購買力を持つ市場です。ライフスタイルの変化に伴い便利な製品や健康食品の需要が大きくなっています。加工食品の輸出は右肩上がりに成長しており、海外でもマレーシア食品の需要が高まっていることを表しています。

これらの主な製品として、ココアやココア調整品、調整穀類、製粉小麦、加工海鮮食品、乳製品があげられます。6400万人の人口を有し、今後の成長が期待されるASEAN市場に向けてマレーシアは主要加工食品輸出国を目指して取り組んでいます。

 

マレーシアのハラール産業

世界のハラール市場は現在2兆3000億ドルにも上ると推定されます。
ムスリム人口の増加に伴い、マレーシアはハラール製品の国内市場が成熟しています。現代のイスラム教国家として認識されているマレーシアは、世界のイスラム教徒の人口に対するハラール食品のブランディング、加工、マーケティングにおける国際的なハラール食品のハブとしての地位を確立しています。

ハラールの概念は、清潔さ、衛生、宗教的要件の順守という点で高品質の食品に関連しています。
マレーシアイスラム開発局(JAKIM)は、すべてのハラール食品を認証しています。
政府は次のようなハラール認証を導入しています。

MS 1500:2009-ハラール食品
生産、準備、取り扱い、およびGMPおよび衛生的な衛生要件が組み込まれています。

MS 2565:2014-ハラール包装
一般的なガイドライン。このマレーシアの基準は、ハラール包装の製造と取り扱いにおける
一般的なガイドラインを説明しています。

新しい投資機会

食品加工セクターには投資機会がたくさんあります。主に 3つの注力領域に分類することができます。

 

1.健康食品/機能性食品


マレーシアは有機農業に移行しています。有機製品に加え、健康食品には低カロリーで、食物繊維が豊富な食品・栄養強化製品、フルーツジュース、ハーブ製品があります。マレーシアの伝統的なハーブと資源を使用した新製品は、アジアおよびグローバル市場向けに継続的に開発されています。


 

2.コンビニ食品



数分で調理できるコンビニ食品の需要は、世界的に成長傾向にあります。現地で作られたコンビニ食品には、即席で食べれるものや、スパイスの効いた魚や鶏肉、民族料理や伝統料理、インスタントパウダージュース、レトルトポーチなどの冷凍食品があります。また、マレーシアでは、ユニークで民族的な食品の世界的需要に応えるために、コンビニエンスフードテクノロジーを備えたアジアのレシピを生産する優れた立場にあります。


 

3.食品成分



機能性成分、食品フレーバー、添加物、着色料、調味料、パーム油ベースの添加物は、米国、英国、日本、オーストラリアの先進市場でマレーシアの存在感を高める可能性を秘めた製品です。これらの製品の品質は、継続的な栄養研究によって支えられています。




 

まとめ


今後もマレーシアにおける食品業界の成長は止まらないでしょう。特にハラール食品は世界中から注目が集まっており、特に基準が難しいマレーシアのハラール認証を取得することはイスラム市場からの信頼を勝ち取るうえで重要な指標となるでしょう。
そして、近年コンビニなどが増える中増え続ける加工食品も必見です。様々な人種がいるからこそ自社の強みを発揮できるマーケット・ターゲットを選ぶことが成功のカギとなるでしょう。



詳しい資料は以下のボタンから無料でダウンロードできます。
会員限定のイベントやレポートもあるので、ぜひメンバー登録をお願いします。


 

     ※資料をダウンロードするにはメンバー登録(無料)が必要です。




当サイトのコンテンツや記事において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、記載内容について必ずしも正確性を保証するものではありません。無断転載は禁止いたします。