マレーシア市場調査詳細

マレーシアでのアルコール飲料の輸入規制と市場動向

本記事では、マレーシアへ日本酒を含むアルコール飲料を輸入する際の手続きについて紹介しています。後半は、実際に日本酒のバイヤーにインタビューし、最近のマレーシアでの市場動向や輸入規制の影響について伺いました。

※本記事は執筆辞典2021年1月現在の情報です。ライセンスや輸入の条件が変更されることがあります。

アルコール飲料輸入の条件

・アルコール度数2%を超える酒類がアルコール飲料とされる。
・酒類に応じたアルコール度数の下限および上限規制がある。
 アルコール度数12%以降~20%以下(1985年食品規則361(1))
 Sochu(焼酎)のアルコール度数は16%以上
 

アルコール輸入・販売に必要なライセンス

・卸売・小売許可(WRTライセンス)(外資が51%以上出資する企業の場合)
・酒類輸入ライセンス(Import License)
・酒類輸入ライセンス(商品毎に輸入申請必要)
・ディストリビューションライセンス(卸売りを行う場合)
 

販売ライセンスの規制

クアラルンプール(KL)では、酒類販売ライセンスを2020年6月2日付けで凍結すると発表された。(所在する地区政府により規制が異なる)

政策上、新規取得や更新にこれまでより時間がかかっている傾向がある。
 

日本酒の需要拡大

日本からマレーシアへの食品の輸入額の1位はアルコール飲料(2019年現在)であり、需要は今も伸び続けている。

コロナ禍の日本酒の市場動向

マレーシアでは最近どんな日本酒が売れていますか?

2019年からの日本酒のトレンドは高品質なものへ推移しています。

ブランドが重要です。売れている銘柄は純米大吟醸です。多い時は1カ月で1コンテナ、そうでなければ2か月に1コンテナ入荷します。
 

日本酒の販売にはコロナの影響はありましたか?

レストランには大きな影響が出ています。コロナの影響下でSOPを守って営業する必要があります。2021年1月現在マレーシアではレストランは持ち帰り営業のみで、店内での飲食は許可されていません。その分、家で飲酒をする人が増えたことから、私たちのような酒の卸売り業界は非常に好調です。
 

酒類販売ライセンス(Liquor License)は2020年6月以降地域によって新規発給が凍結されていますが、販売に影響はありますか?

物流の面で影響があります。ライセンスを持つ業者のペーパーワークやプロセスが増えたため、リードタイムを長めに取る必要が出てきました。

通常1 週間輸入にかかるところ、3週間から1カ月かかるため、倉庫や冷蔵庫を借りる費用が多くかかります。
 
マレーシアへの日本からの食品輸出に規制につきましては、マレーシアへの輸出に規制がある食品は何ですか? |輸出規制に記載しています。



本記事が、マレーシアへ食品輸出を検討する方のお役に立てば幸いです。
本記事は日本からの食品輸出をサポートする、ASIA INFONET (M) SDN BHDの協力を得て作成しています。
主な業務内容
  • 日系食品企業のマレーシアへの輸出コンサルティング、マーケティング・営業活動のサポート

当サイトのコンテンツや記事において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、記載内容について必ずしも正確性を保証するものではありません。無断転載は禁止いたします。 
 

マレーシア進出についてのお問い合わせ

メンバー登録について

『CONNECTION』は、マレーシア進出企業のためのビジネス交流サイトです。
  • ビジネスニュース配信
  • 市場調査レポート配信
  • メルマガ配信
  • ウェビナー開催
  • 専門家をご紹介
日系企業リスト掲載数:732
調査レポート掲載数:84
(2021年2月19日時点)
 
 
 

多言語ホームページ制作

海外販促のための基本パッケージをご提供いたします。
マレーシアで作成したホームページの実績を公開中!!

  当社サービスページへ
   

サイト運営会社


『CONNECTION』は
TK International Sdn BhdMtownがマレーシアで共同運営しています。


当社サイトやデジタルマーケティングに関することは、TK International Sdn Bhdまでお問い合わせください。