マレーシア進出|日系企業リスト | コンサルティング会社一覧

会社リスト

ASIA INFONET (M) SDN BHD

コンサルティング会社リスト
・ビジネスニュースの発刊・労務情報の提供

ARROWMAN SDN BHD

コンサルティング会社リスト
撮影コーディネーション(コーディネーター)、コマーシャル撮影、プロモーションビデオ撮影、ムービー撮影、雑誌撮影、ドローン撮影、報道、インタビュー、通訳など

TOKYO CONSULTING FIRM SDN. BHD.

コンサルティング会社リスト
マレーシア進出、会計、税務、人材育成を柱とするコンサルティング

TNY CONSULTING (M) SDN BHD

コンサルティング会社リスト
会社設立(現地法人、支店、駐在員事務所)、知的財産(特許、意匠、商標)の出願に関する相談及び調査、知財関連支援、紛争解決支援など

TK INTERNATIONAL SDN. BHD

コンサルティング会社リスト
IT活用コンサルティング、IT企業向けの海外進出コンサルティング、SIRIM認証取得、MSCステータス取得コンサルティング

LIKEARISINGSUN SDN BHD

コンサルティング会社リスト
M&Aアドバイザリ業務 ・ローカルのローファームと提携しての弁護士業務 ・マーケットリサーチ、各種コンサルティング ・日系企業のマレーシア進出支援マレーシアで設立された日系唯一のM&AアドバイザリとしてマレーシアでのM&Aを支援します

MIRAI CONSULTING MALAYSIA SDN BHD

コンサルティング会社リスト
国際事業承継、国際相続、会計、税務、人事労務、M&A、国際ビジネスなどのプロフェッショナルサービスを提供しています。国内主要拠点と中国、ASEANを拠点に展開しています。

SCSG CORPORATE SERVICES SDN BHD

コンサルティング会社リスト
ビジネスアドバイザリー

NRT VENTURES HOLDINGS SDN BHD

コンサルティング会社リスト
経営コンサルティング全般、従業員問題コンサルティング

ERNST & YOUNG

コンサルティング会社リスト
会計監査、税務コンサルティング等

GRANT THORNTON MALAYSIA

コンサルティング会社リスト
会計監査、税務、アドバイザーリーサービス

JLPW CORPORATE SERVICES SDN BHD

コンサルティング会社リスト
コンサルティングサービス会社

CHOOI & COMPANY + CHEANG & ARIFF

コンサルティング会社リスト
法務アドバイスの提供(法律事務所)

DELOITTE CONSULTING (SEA) SDN. BHD.

コンサルティング会社リスト
戦略コンサルティング、業務コンサルティング、ITコンサルティング、人事コンサルティング

DELOITTE PLT

コンサルティング会社リスト
会計監査、税務コンサルティング業務、内部統制関連業務、各種許認可取得、企業進出のコンサルティング

AMITA ENVIRONMENTAL STRATEGIC SUPPORT (M) SDN BHD

コンサルティング会社リスト
環境コンサルティング事業、廃棄物の再資源化事業等

ABEAM CONSULTING (MALAYSIA) SDN BHD

コンサルティング会社リスト
業務プロセス及びITコンサルティング

FAIR CONSULTING MALAYSIA SDN BHD

コンサルティング会社リスト
会社設立及び関連セクレタリー業務、顧問アドバイザリー業務、プロジェクト支援業務、会計監査税務申告支援業務

DIA MARKETING SDN. BHD.

コンサルティング会社リスト
スポーツマーケティング、マーケティングコンサル、市場調査、マーケティングコミュニケーション全般

LJYC (MM2H) SDN. BHD.

コンサルティング会社リスト
法務コンサルティング業

業界レポート

マレーシアの外国直接投資(FDI)動向

マレーシア経済
マレーシアの外国直接投資(FDI)動向外国直接投資(FDI)は、その国の経済成長と発展を促進する上で重要な役割を果たしています。今日では、発展途上国はその経済的パフォーマンスを向上させるためにFDIに大きく依存しています。視点を変えれば、多くの発展途上国は開発を進める上で資本不足に直面している状態です。統計的に見ても、マレーシア経済の大きな成長の裏側にはFDIがあります。FDIは、資本の拡大...

マレーシアでのオフショア開発が期待される理由

マレーシア経済
日本で不足するIT人材日本の経済産業省が2019年3月に発表した調査報告書「 IT 人材需給に関する調査」によれば、2030年にはIT人材の不足数が最大で約79万人になるという試算が出ている。その調査報告書のなかで、「IT 人材は、日本の IT 産業の産業競争力強化に加えて、企業等における高度な IT 利活用、デジタルビジネスの進展等を担っている。特に、AI やビッグデータを使いこなし、第4次産業革命に対応...

インバウンド需要の回復は2022年以降に ~「COVID-19発生後の旅行動向と訪日旅行の潜在需要」ダウンロード

マレーシア経済
COVID-19発生後の旅行動向と訪日旅行の潜在需要TKインターナショナルでは、「COVID-19発生後の旅行動向と訪日旅行の潜在需要」について簡易Web市場調査を実施しました(期間:2020年5月1日~21日、有効回答数:103件)。COVID-19収束後の訪日旅行希望者は国内旅行希望者とほぼ同数の結果となりました。一方で、現在の訪日旅行は76.7%がリスクを伴うと見ており、2021年以内...

マレーシアビジネス概況(2021年1月版)ダウンロード

マレーシア経済
目次 マレーシア基礎データ 東南アジア主要国経済指標 マレーシアの経済成長率と2021年実質経済成長率予測 マレーシアの産業構造 2020年のマレーシアの人口と年間人口成長率 2020年の年齢ごとの人口比率と年齢の中央値 2020年の民族グループごとの人口 コロナウイルス感染拡大による経済への影響 マレーシアビジネス概況関連資料※資料をダウンロードするにはメンバー登録(無料)が必要です。

2020年東南アジアのM&A状況|アフターコロナに向けて活発化する兆し

マレーシア経済
2020年コロナ禍に見舞われた東南アジアのM&A潮流Covid-19の大流行の影響を受ける形となった2020年上半期、マレーシアを含む東南アジア(日本を除く)地域での合併買収(M&A)活動は、大幅に減少した。しかし、専門家によると、M&A取引活動の回復の兆しが見え始めているという。2020年上半期に東南アジア地域で発表されたM&Aの取引総額は2,256億米ドル(962億リンギ...

2020年マレーシアの人口構成 (2020年7月15日発行)

マレーシア経済
コロナ禍の影響によって、外国人の労働者人口が減少したことにより、人口構造に影響を与え始めていることがデータからも読み取れます。・2020年のマレーシアの人口と年間人口成長率・2020年の年齢ごとの人口比率と年齢の中央値・2020年の民族グループごとの人口2020年7月15日発行 マレーシア統計局発行資料をもとにCONNECTIONが作成

[マレーシアトップ30社]マレーシアの証券取引所と上場企業一覧

マレーシア経済
マレーシアのトップ企業をご存知ですか?普段マレーシアで生活している中で見るのは主要銀行の1つであるメイバンク(Maybank)やガソリンスタンドを経営するペトロナス等の企業がマレーシア国内の主要企業なのではないかと推測はできますが、実際どの企業が巨大企業なのかは知らないことが多いです。今回はBursa Malaysia(マレーシア証券取引所)が発表しているFTSEブルサ・マレーシアKLCIイン...

[マレーシア市場調査]マレーシアとイスラム金融

マレーシア経済
市場規模を急速に拡大しているイスラム金融とは何か。日本企業でも近年三菱UFJ銀行やみずほ銀行がイスラム金融市場へと参入しています。なぜ宗教と金融が成り立つのか?なぜ世界中の投資家がイスラム金融に注目するのか?マレーシアのイスラム金融事情と共にわかりやすく解説します。イスラム金融とは.container h4{ background: linear-gradient(transparent 70%, #...

[マレーシア株教室②]マレーシアのおすすめ株・投資したい企業~時価総額ランキング~

マレーシア経済
時価総額とは.container h4{ background: linear-gradient(transparent 70%, #a7d6ff 70%);}時価総額は以下の数式を元に計算されます。時価総額=時価(株価)×発行済み株式数この数字はある地点でのその企業の価値を示しています。時価総額とは企業をまるまる買収する場合に必要な値段でもあります。時価総額を見ることで企業の成長性や市場の...

[マレーシア株教室①]投資したいおすすめマレーシア株~発行済株式数ランキングTop10 ~

マレーシア経済
発行済み株式数とは.container h4{ background: linear-gradient(transparent 70%, #a7d6ff 70%);}発行済み株式とは企業がすでに発行した株式のことです。どれだけの株を発行するかは企業が決められ、発行する株数が増加すると1株あたりの価格を下落させます。逆に発行する株式を減らせば1株当たりの価格は高くなります。今の説明がよくわからないかった人...

マレーシア基礎 経済概況

マレーシア経済
マレーシアは、マレー半島南半分と、ボルネオ島の北西海岸地域(サバ、サラワク州)から成り、3つの連邦直轄区(クアラルンプール、ラブアン島及びプトラジャヤ)と13州で構成される連邦国家です。総人口の約8割は半島マレーシアに集中しています。東マレーシア地域は豊富な鉱物資源に恵まれていますが、人口は少ないです。主な天然資源は、原油、天然ガス、天然ゴム、パーム油、木材、錫鉱、銅鉱、ボーキサイト鉱等です...

政権交代を経たマレーシア経済の今後の動向について(富国生命インベストメント)

マレーシア経済
発行元:富国生命インベストメント発行日:2019年3月 概要初の政権交代を経たマレーシアでは、財政再建を図る意向は示していたものの、大規模 な増税等の緊縮財政への転換は見送られたことから、消費主導の緩やかな経済成長が続く と見込まれる。一方、輸出は米中貿易戦争の影響から中国向け輸出を中心に今後減速が予 想されることから、経済成長には下振れリスクがあると思われる。また、財政面において も、歳入の多くを石...

マレーシア経済の現状と展望(公益財団法人 国際通貨研究所)

マレーシア経済
タイトル:「マレーシア経済の現状と展望」発行元:公益財団法人 国際通貨研究所発行日:2018年10月12日 概要マレーシア経済は堅調に推移しており、雇用の拡大に伴う家計所得の増勢を主因とした個人消費の好調や、輸出の増加傾向などから拡大基調を続ける見通しである。消費者物価は、引き続き原油価格の落ち着きによる燃料価格の安定やGST廃止の影響により、上昇率は小幅にとどまることが予想される。経済成長と物...

マレーシア投資環境(みずほ銀行、みずほ総合研究所)

マレーシア経済
マレーシア投資環境発行日:2018年10月発行元:みずほ銀行、みずほ総合研究所 ※資料をダウンロードするにはメンバー登録(無料)が必要です。 Ⅰ.基礎情報【Ⅰ-1】アジア主要国経済指標【Ⅰ-2】基礎データ概況【Ⅰ-3】経済構造(産業貿易)【Ⅰ-4】経済産業等の特徴【Ⅰ-5】経済情勢【Ⅰ-6】政治情勢【Ⅰ-7】経済発展上の課題【Ⅰ-8】経済発展上の強み【Ⅰ-9】成長政策【Ⅰ-10】リスク【Ⅰ-11...

専門家の掲載

市場調査・レポートを無料でダウンロード

CONNECTIONでは、マレーシアの事業成長に役立つ各種市場調査、マーケットデータ、発表資料などを無料で提供しています。メンバー登録のうえご利用ください。   資料ダウンロード