マレーシア進出|日系企業リスト | 銀行・証券・保険・リース業一覧

企業リスト

TOYOTA TSUSHO HOKEN AGENCY (M) SDN BHD

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
豊田通商保険代理店マレーシア

TOYOTA CAPITAL MALAYSIA SDN BHD

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
自動車の割賦販売及びリース

TOKYO CENTURY CAPITAL (MALAYSIA) SDN BHD

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
リース・ファクタリング・IHPローン・総合リース業

SMFL LEASING (MALAYSIA) SDN BHD

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
リース、ハイヤーパーチェイス業

ORIX LEASING MALAYSIA BERHAD

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
リース業

JCL CREDIT LEASING SDN. BHD.

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
金融業

BERJAYA SOMPO INSURANCE BERHAD

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
損害保険業

TOKIO MARINE INSURANS (MALAYSIA) BERHAD

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
損害保険業

TOKIO MARINE LIFE INSURANCE MALAYSIA BHD

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
生命保険事業

THE TOA REINSURANCE COMPANY LIMITED

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
火災保険/海上保険/傷害保険/自動車保険/ 賠償責任保険/生命保険等の再保険

HONG LEONG ASSURANCE BERHAD

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
生命保険

MSIG INSURANCE (MALAYSIA) BHD

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
損害保険業

MUFG BANK (MALAYSIA) BERHAD

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
商業銀行

SBI VENTURES MALAYSIA SDN BHD

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業

RAKUTEN TRADE SDN BHD

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
証券会社

QUESTOR CAPITAL LTD

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
独立系ファイナンシャルアドバイザリー

PUBLIC BANK BERHAD

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
日系企業営業、マレーシア進出支援

NOMURA ISLAMIC ASSET MANAGEMENT SDN BHD

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
イスラミック資産運用

NOMURA SECURITIES MALAYSIA SDN BHD

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
マレーシア証券市場に関わる金融アドバイザリー業務

SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION MALAYSIA BERHAD

銀行/ 証券/ 保険/ リース 企業
銀行業

業界レポート

マレーシア消費者物価指数(CPI)2023年8月版

マレーシア経済・動向
マレーシア統計局(DoSM)が2023年8月に発表した、2023年7月のマレーシア消費者物価指数(CPI)は2.0%に低下し、過去2年間で最低となった。指数値は130.5で、2022年同月の127.9とは対照的であった。6月のインフレ率は前年同月比2.4%で、3.7%であった1月以来緩やかな傾向を示している。DOSMのDatuk Seri Mohd Uzir Mahidin首席統計官は、低インフレは...

マレーシア 経済統計レビュー 2023

マレーシア経済・動向
世界銀行の『世界経済見通し』報告書は、世界経済の成長鈍化と、新興市場・開発途上国経済(EMDEs)の財政危機の可能性の高まりを強調している。世界的な高金利により、新興市場・開発途上国(EMDEs)の財政がひっ迫する可能性が高まっている。世界的な高金利により、新興市場・途上国経済(EMDEs)の金融ひずみの可能性が高まっている。従って、2023年の世界経済は2.1%(2022年は3.1%)と減...

マレーシア統計局:情報通信技術サテライトアカウント(ICTSA)2022

マレーシア経済・動向
マレーシア統計局(DOSM)によると、2022年の情報通信技術(ICT)および電子商取引は、2021年の3,593億マレーシアリンギットから14.8%増となる23%、4,123億マレーシアリンギットの国家経済に貢献した。DOSMが2023年10月13日に発表した情報通信技術サテライトアカウント(ICTSA)2022によると、これは付加価値総ICT産業(GVAICT)が13.6%、その他の産業...

マレーシアでコンセントはそのまま使える?変換プラグと変圧器の違いとは?

マレーシア経済・動向
マレーシアのコンセントに関する基本知識マレーシアで主に使われてるコンセントの形状は3穴式のBFタイプです。 日本のコンセントとは形状が違いますので、そのままでは差し込むことができません。形状を変換するプラグが必要となります。日本の家電やパソコンなどの電子機器をマレーシアで使用する場合、変換器(変換プラグ)を用意しましょう。日本で購入できる変換器(変換プラグ)変換器(変換プラグ)とは、コンセン...

マレーシア産業レポート:卸売・小売業の業績(2023年3月)

マレーシア経済・動向
マレーシア産業レポート:卸売・小売業の業績(2023年3月)本レポートは、2023年3月のマレーシアの卸売・小売業の業績について、自動車、卸売業、小売業の各サブセクターを集計したものです。月次ベースで発行され、国連統計局発行の国際標準産業分類(International Standard Industrial Classification of All Economic Activities Revision...

海外の反応を知りたいときに参考になるサイト10選

マレーシア経済・動向
海外の反応を知りたいときに参考になるサイト10選インターネットやSNSを通して、海外の反応を知るインターネットの浸透やSNSメディアなどから多くの海外情報が見られるようになりました。毎日のように国際紛争、外交問題、移民問題、人権問題、テロ事件などの事件に関するニュース、海外の俳優やアーティスト、映画や音楽などエンターテインメントの話題、世界的な企業やビジネスに関する話題、最新の科学技術、医療...

客家(はっか)とは ~起源と文化、そして継承へ

マレーシア経済・動向
客家とは ~起源と文化、そして継承へ客家の起源客家(ハッカ)とは、中国南部に住む民族集団の一つで、主に福建省、広東省、江西省、湖南省、台湾などに居住しています。彼らの言語は客家語(ハッカ語)であり、中国語の方言の一つとされています。客家の起源は古く、一説によれば、西漢の時代に華南地域に移住した漢民族が、現地の先住民と混血したことに由来すると言われています。彼らは、山地や沿岸地域で生活し、農業や...

安く海外送金!日マレーシア間で使えるおすすめ送金方法 2023年度版

マレーシア経済・動向
海外の銀行に送金するときの手数料についてお困りの方は少なくないのではないでしょうか。私も1RM=35円(プラス手数料4.5%)で送金してしまった経験があります。これは1万円あたり2000円くらい送金時に取られていることになります。この記事の読者様に同じことが起きないよう、今回は安く海外送金できる方法について説明します。Wise Wiseは海外送金を安く行えるサービスで、私も実際にこれを利用して...

マレーシアで発生した洪水の被害状況

マレーシア経済・動向
本レポートは、2022年におけるマレーシアの洪水被害額の統計です。本データは 2022年1月8日から2022年12月31日まで実施されたマレーシアの特別調査から取得している。洪水被害額には、居住区、車両、事業所、および 産業用施設 農業被害、公共資産・インフラ被害については、データ 関連する政府機関のものを使用している。マレーシアで発生した洪水の被害額2022年、洪水による全体的な損失は6億2240...

知っておきたいマレーシアリーディングカンパニー:マレーシアの東電・テナガ・ナショナル編

マレーシア経済・動向
概要テナガ・ナショナル(Tenaga Nasional Berhad、略称TNB)は、マレーシア最大の電力会社です。同社は、発電、送電、配電、販売を含む一貫した電力サービスを提供しており時価総額ランキング4位にランクインしています。また、テナガ・ナショナルは、エネルギーの持続可能性に取り組んでおり、再生可能エネルギーへの投資を進めています。同社は、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー発電...

マレーシアの消費者物価指数(CPI)2023年1月発行

マレーシア経済・動向
マレーシアの消費者物価指数(CPI)についてマレーシアの消費者物価指数(CPI)は、毎月発行され、12の主要な財・サービスグループをカバーする統計が掲載されている。この統計では国連の「目的別個人消費分類(COICOP)」に従った分類を利用している。CPIは1967年を基準年として初めて算出された(1967年=100)。その後、1980年、1990年、1994年、2000年、2005年、201...

CPTPP(TPP11)とその影響について

マレーシア経済・動向
グローバル化が進む中、様々なFTA(自由貿易)が締結されていきました。この記事ではその中からCPTPPについて解説します。CPTPPとはCPTPP(TPP11)は、太平洋沿岸に位置する11か国の貿易協定です。元々はTPP(環太平洋パートナーシップ協定)として知られていましたが、2017年にアメリカが脱退した後名称が変更されました。CPTPPは2018年3月に署名され、2018年12月30日に...

マレーシア時価総額1位!Maybank編:知っておきたいマレーシアリーディングカンパニー

マレーシア経済・動向
マレーシア時価総額1位!Maybank編:知っておきたいマレーシアリーディングカンパニービジネスをする上で欠かせない企業分析。マレーシアで成功する企業はどんな特徴があるのでしょうか。この記事ではマレーシア時価総額ランキング1位の巨大銀行Maybankについて詳しく説明します。企業概要 Maybankは、マレーシア国内で最大規模の銀行です。1965年に設立され、マレーシア、シンガポール、インドネ...

1リンギットの会社から数万人規模の会社へ!エアアジア編:知っておきたいマレーシアリーディングカンパニ

マレーシア経済・動向
ビジネスをする上で欠かせない企業分析。マレーシアで成功する企業はどんな特徴があるのでしょうか。この記事ではマレーシアのみならず東南アジアで大きな存在感をもつ格安航空企業「エアアジア(AirAsia)」とその創業者について詳しく説明いたします。 企業概要エアアジア(AirAsia)は、2001年にマレーシアで設立された低コストキャリア(LCC)です。エアアジアは、東南アジアを中心に100以上の都...

新興巨大IT企業Grab(グラブ)編:知っておきたいマレーシアリーディングカンパニー

マレーシア経済・動向
ビジネスをする上で欠かせない企業分析。マレーシアで成功する企業はどんな特徴があるのでしょうか。この記事ではマレーシアのみならず東南アジアで大きな存在感をもつ新興IT企業Grab(グラブ)とその経営者について詳しく書いています。 企業概要Grabは2012年6月に、Anthony Tan(アンソニー タン)によって創設された会社です。Grabはスマホのアプリを使用して、主に東南アジアでタクシー配車サ...

マレーシアのインターナショナルスクールで育む国際感覚

マレーシア経済・動向
マレーシアのインターナショナルスクールで育む国際感覚25年以上にわたって世界のインターナショナルスクール業界を研究している英国のInternational Consultancy Group(ISC)の調査によると、マレーシアには2020年の時点で287校ものインターナショナルスクールが存在し、107,000人以上の生徒が学んでいることが明らかになりました。2014年に45,000人だった生徒数...

ドローンレースとマレーシアの可能性

マレーシア経済・動向
ドローンレースとそのマレーシアでの可能性ドローンレースというスポーツは、比較的新しいスポーツですが、そのルーツはリモコン模型飛行機の操縦というホビーで、長年にわたって人々を楽しませてきました。その伝統にもかかわらず、このスポーツは比較的、無名のままとなっています。Cyberview Sdn Bhdの完全子会社であるFuturise Sdn Bhdは、その可能性に気づき、2022年3月にマレーシア初の...

マレーシアのデジタルノマドビザについて解説(ウェビナーでご説明)

マレーシア経済・動向
世界中で求められている自由な働き方:デジタル ノマド場所にとらわれず、世界中を旅行しながら仕事をしたい。そのような新しい働き方を求める人が増えています。すでに 世界で35 万人のデジタルノマドワーカーがいるとされ、そのうち51%がアメリカ人と言われています。それらのデジタルノマドにとって、もっとも人気があるのが東南アジアです。デジタルノマドワーカーの約83%はフリーランスなどの個人ワーカーです。I...

マレーシアで人気のInstagramインフルエンサー 2023年版

マレーシア経済・動向
マレーシアではInstagramのインフルエンサーマーケティングが有効な手段Instagramのインフルエンサーマーケティングは、マレーシアで使用できる有効なソーシャルメディアマーケティング戦略の1つです。マレーシアで3番目に人気のあるソーシャルメディアプラットフォームとして、Instagramの潜在的な広告リーチは1555万人に達しました。これは、インスタグラムで広告を打ち出すことで、マー...

マレーシア経済レビュー 2022年10月発行

マレーシア経済・動向
2022年10月28日発行 マレーシア統計局が発表した2022年10月のマレーシア経済レビューのサマリーIMFは、世界の国内総生産(GDP)成長率が2021年の6.0%から今年は3.2%に減速し、2023年には2.7%にさらに低下すると予測している。これは、世界の経済活動が、特に中国を中心に、より広い範囲で減速を経験しているためである。2022年10月に財務省が発表した「the Economic ...

メンバー登録について

情報提供サービス

メンバー(登録無料)がご利用いただけるサービスです。
 
  • ビジネスニュース配信
  • 市場調査レポート配信
  • メルマガ配信
  • ウェビナー開催
  • 専門家をご紹介

 
 

営業代行サービス

マレーシアで新規顧客、キーマンへのアプローチをサポートいたします。
営業代行サービス
 

事業サポートサービス

マレーシアの事業を推進するための専門的なサービスをご提供いたします。
 
 

日系企業データベース

マレーシア日系企業の情報を検索できる日系企業データベース
企業データベースへの登録および更新は企業リスト入力フォームからご依頼ください。
 

マレーシア進出 はじめの一歩ガイドブック

マレーシアに進出される企業向けのガイドブック(16ページ構成)
今すぐPDFファイルをダウンロード

   

サイト運営会社

『CONNECTION』は
TK International Sdn BhdとMtownが共同で運営しています。

TKインターナショナルはマレーシアを拠点として、 貴社の海外事業の成長をサポートする戦略パートナーです。

  • ビジネスコンサルティング
  • デジタルマーケティング
  • クラウドサービス
  • IoTエンジニアリング
  • ソフトウェア開発
  • インサイドセールス

マレーシア進出やIT導入のご相談はこちらまでお問い合わせください。