マレーシア進出|日系企業リスト | 不動産仲介/不動産コンサルティング会社一覧

会社リスト

MITSUI FUDOSAN (ASIA) MALAYSIA SDN BHD

不動産仲介/不動産コンサルティング
商業施設・住宅・その他アセットにおける、事業機会の獲得・事業推進・運営等

WTW REAL ESTATE SDN. BHD.

不動産仲介/不動産コンサルティング
不動産アドバイザリー

MEDINI ISKANDAR MALAYSIA SDN BHD

不動産仲介/不動産コンサルティング
不動産開発業

STARTS INTERNATIONAL MALAYSIA SDN BHD

不動産仲介/不動産コンサルティング
コンサルティング・不動産仲介業

RAHIM & CO INTERNATIONAL SDN BHD

不動産仲介/不動産コンサルティング
不動産業

業界レポート

新興巨大IT企業Grab(グラブ)編:知っておきたいマレーシアリーディングカンパニー

マレーシア経済・動向
ビジネスをする上で欠かせない企業分析。マレーシアで成功する企業はどんな特徴があるのでしょうか。この記事ではマレーシアのみならず東南アジアで大きな存在感をもつ新興IT企業Grab(グラブ)とその経営者について詳しく書いています。 企業概要Grabは2012年6月に、Anthony Tan(アンソニー タン)によって創設された会社です。Grabはスマホのアプリを使用して、主に東南アジアでタクシー配車サ...

マレーシアのインターナショナルスクールで育む国際感覚

マレーシア経済・動向
マレーシアのインターナショナルスクールで育む国際感覚25年以上にわたって世界のインターナショナルスクール業界を研究している英国のInternational Consultancy Group(ISC)の調査によると、マレーシアには2020年の時点で287校ものインターナショナルスクールが存在し、107,000人以上の生徒が学んでいることが明らかになりました。2014年に45,000人だった生徒数...

ドローンレースとマレーシアの可能性

マレーシア経済・動向
ドローンレースとそのマレーシアでの可能性ドローンレースというスポーツは、比較的新しいスポーツですが、そのルーツはリモコン模型飛行機の操縦というホビーで、長年にわたって人々を楽しませてきました。その伝統にもかかわらず、このスポーツは比較的、無名のままとなっています。Cyberview Sdn Bhdの完全子会社であるFuturise Sdn Bhdは、その可能性に気づき、2022年3月にマレーシア初の...

マレーシアで人気のInstagramインフルエンサー 2023年版

マレーシア経済・動向
マレーシアではInstagramのインフルエンサーマーケティングが有効な手段Instagramのインフルエンサーマーケティングは、マレーシアで使用できる有効なソーシャルメディアマーケティング戦略の1つです。マレーシアで3番目に人気のあるソーシャルメディアプラットフォームとして、Instagramの潜在的な広告リーチは1555万人に達しました。これは、インスタグラムで広告を打ち出すことで、マー...

マレーシアのデジタルノマドビザについて解説(ウェビナーでご説明)

マレーシア経済・動向
世界中で求められている自由な働き方:デジタル ノマド場所にとらわれず、世界中を旅行しながら仕事をしたい。そのような新しい働き方を求める人が増えています。すでに 世界で35 万人のデジタルノマドワーカーがいるとされ、そのうち51%がアメリカ人と言われています。それらのデジタルノマドにとって、もっとも人気があるのが東南アジアです。デジタルノマドワーカーの約83%はフリーランスなどの個人ワーカーです。I...

マレーシア経済レビュー 2022年10月発行

マレーシア経済・動向
2022年10月28日発行 マレーシア統計局が発表した2022年10月のマレーシア経済レビューのサマリーIMFは、世界の国内総生産(GDP)成長率が2021年の6.0%から今年は3.2%に減速し、2023年には2.7%にさらに低下すると予測している。これは、世界の経済活動が、特に中国を中心に、より広い範囲で減速を経験しているためである。2022年10月に財務省が発表した「the Economic ...

マレーシアのデジタルマーケティング事情、2022年トレンド

マレーシア経済・動向
パンデミックによって、マレーシアの人々のデジタル化が加速2020年から2022年にかけて発生した新型コロナウイルスの蔓延は、多くの市民生活、企業活動に未曾有の影響を与えることになりました。パンデミックが発生したこの期間、マレーシアでも「Stay Home」が叫ばれ、オンラインで通勤や通学、オンラインショッピングなどの生活習慣がいっきに浸透することになりました。 変化したマレーシアの日常とデジタル...

マレーシアの対外貿易指数(2022年4月)

マレーシア経済・動向
マレーシアの総貿易実績は、2022年4月も成長の勢いを保ち、前年比21.3%増の2,314億リンギに拡大した。21.3%拡大し、前年の1908億リンギに対し、2314億リンギに達した。2022年4月の輸出は20.7%増の1,275億リンギ。輸入は、1,039億リンギで、前年同期比22.0%増となりました。貿易収支は引き続き黒字を記録しています。は前年度比15.7%増の235億リンギとなり、引...

マレーシアのインフレ率 2021年の状況

マレーシア経済・動向
2021年初頭から中旬にかけてMCO(Movement Control Order)2.0と3.0が実施されたことにより、インフレ率は2020年のマイナス1.2%に対し、2.5%と大幅に上昇した。昨年はベース効果が低かったため、運輸グループを中心に大幅な上昇を記録したほか、物価の価格上昇もあり、インフレ率は2021年4月に4.7%と最高水準まで上昇した。その他、鶏肉価格が2020年平均価格を上回...

Labour Market Review (LMR) 2022年 第一四半期

マレーシア経済・動向
Labour Market Review (LMR) 2022年第一四半期 ダウンロードLabour Market Review (LMR) は、マレーシア統計局 (DOSM) が四半期ごとに発行する報告書です。このレポートは、労働市場の最新の動向に焦点を当てたレビューや特集を通じて、実態に即した公的統計を提供することを目的としています。このように、四半期ごとの統計は、マレーシアの労働市場の包括的なビューを読者に...

マレーシア経済レビュー 2022年2月~4月

マレーシア経済・動向
マレーシア統計局が発表した2022年2月~4月のマレーシア経済レビューのサマリー2022年は、特に世界経済にとって、世界がパンデミック前の正常な姿に戻るという期待を持って始まった。とはいえ、地政学的な不安は回復の努力をさらに複雑にし、金融制裁、商品価格、サプライチェーンの混乱を通じて世界経済に影響を及ぼした。さらに、製造業や貿易の中心地である中国のいくつかの主要都市がCOVID-19の制限措...

マレーシアの国内総生産(GDP)の動向

マレーシア経済・動向
マレーシアの国内総生産(GDP)の動向 今回のトピックでは、国内総生産(GDP)の動向をお伝えします。まずは2020年のGDPを振り返り、今後は四半期ごとにモニタリングしてまいります。SourceCOVID-19によるパンデミックにより、おおよそ世界のすべての国が2020年に急激な経済の落ち込みを経験したように、マレーシア経済も深刻な打撃を受けました。2018年は4.8%、2019年は4.4%...

マレーシアの外国直接投資(FDI)動向

マレーシア経済・動向
マレーシアの外国直接投資(FDI)動向外国直接投資(FDI)は、その国の経済成長と発展を促進する上で重要な役割を果たしています。今日では、発展途上国はその経済的パフォーマンスを向上させるためにFDIに大きく依存しています。視点を変えれば、多くの発展途上国は開発を進める上で資本不足に直面している状態です。統計的に見ても、マレーシア経済の大きな成長の裏側にはFDIがあります。FDIは、資本の拡大...

マレーシアでのオフショア開発が期待される理由

マレーシア経済・動向
日本で不足するIT人材日本の経済産業省が2019年3月に発表した調査報告書「 IT 人材需給に関する調査」によれば、2030年にはIT人材の不足数が最大で約79万人になるという試算が出ている。その調査報告書のなかで、「IT 人材は、日本の IT 産業の産業競争力強化に加えて、企業等における高度な IT 利活用、デジタルビジネスの進展等を担っている。特に、AI やビッグデータを使いこなし、第4次産業革命に対応...

インバウンド需要の回復は2022年以降に ~「COVID-19発生後の旅行動向と訪日旅行の潜在需要」ダウンロード

マレーシア経済・動向
COVID-19発生後の旅行動向と訪日旅行の潜在需要TKインターナショナルでは、「COVID-19発生後の旅行動向と訪日旅行の潜在需要」について簡易Web市場調査を実施しました(期間:2020年5月1日~21日、有効回答数:103件)。COVID-19収束後の訪日旅行希望者は国内旅行希望者とほぼ同数の結果となりました。一方で、現在の訪日旅行は76.7%がリスクを伴うと見ており、2021年以内...

マレーシアビジネス概況(2021年1月版)ダウンロード

マレーシア経済・動向
目次 マレーシア基礎データ 東南アジア主要国経済指標 マレーシアの経済成長率と2021年実質経済成長率予測 マレーシアの産業構造 2020年のマレーシアの人口と年間人口成長率 2020年の年齢ごとの人口比率と年齢の中央値 2020年の民族グループごとの人口 コロナウイルス感染拡大による経済への影響 マレーシアビジネス概況関連資料※資料をダウンロードするにはメンバー登録(無料)が必要です。

2020年東南アジアのM&A状況|アフターコロナに向けて活発化する兆し

マレーシア経済・動向
2020年コロナ禍に見舞われた東南アジアのM&A潮流Covid-19の大流行の影響を受ける形となった2020年上半期、マレーシアを含む東南アジア(日本を除く)地域での合併買収(M&A)活動は、大幅に減少した。しかし、専門家によると、M&A取引活動の回復の兆しが見え始めているという。2020年上半期に東南アジア地域で発表されたM&Aの取引総額は2,256億米ドル(962億リンギ...

2020年マレーシアの人口構成 (2020年7月15日発行)

マレーシア経済・動向
コロナ禍の影響によって、外国人の労働者人口が減少したことにより、人口構造に影響を与え始めていることがデータからも読み取れます。・2020年のマレーシアの人口と年間人口成長率・2020年の年齢ごとの人口比率と年齢の中央値・2020年の民族グループごとの人口2020年7月15日発行 マレーシア統計局発行資料をもとにCONNECTIONが作成

マレーシア市場調査レポート

マレーシア経済・動向

メンバー登録について

情報提供サービス

メンバー(登録無料)がご利用いただけるサービスです。
 
  • ビジネスニュース配信
  • 市場調査レポート配信
  • メルマガ配信
  • ウェビナー開催
  • 専門家をご紹介

 
 

営業代行サービス

マレーシアで新規顧客、キーマンへのアプローチをサポートいたします。
営業代行サービス
 

事業サポートサービス

マレーシアの事業を推進するための専門的なサービスをご提供いたします。
 
 

日系企業データベース

マレーシア日系企業の情報を検索できる日系企業データベース
企業データベースへの登録および更新は企業リスト入力フォームからご依頼ください。
 

マレーシア進出 はじめの一歩ガイドブック

マレーシアに進出される企業向けのガイドブック(16ページ構成)
今すぐPDFファイルをダウンロード

   

サイト運営会社

『CONNECTION』は
TK International Sdn BhdとMtownが共同で運営しています。

TKインターナショナルはマレーシアを拠点として、 貴社の海外事業の成長をサポートする戦略パートナーです。

  • ビジネスコンサルティング
  • デジタルマーケティング
  • クラウドサービス
  • IoTエンジニアリング
  • ソフトウェア開発
  • インサイドセールス

マレーシア進出やIT導入のご相談はこちらまでお問い合わせください。